SDカード・データ消去~Windows10標準コマンド「Cipher」~

PC

目的

miniSDカード 256MB のデータを復旧されないようにCipherコマンドにより消去する

 

Cipherコマンドについて

Windows10標準コマンドであるCipherコマンドは、暗号化ファイルシステム (EFS) を使用して暗号化されたデータを管理するためのコマンドになります。

“/W” オプションは利用可能な未使用のディスク領域からデータを削除します。削除方式はオール0 / オール1 / ランダムの順でデータを計3回上書きする方式となります。複数回上書きする目的は残留磁気などの影響をなくすためです。

今回は、Cipherコマンドのこのオプションを利用することによりSDカード空き領域のデータを削除します。

 

Microsoft サポート
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/298009/cipher-exe-security-tool-for-the-encrypting-file-system

EFSとは
Windowsの標準ファイルシステムの一つであるNTFSが持つファイル暗号化機能。

 

SDカード注意点

  1. CipherコマンドはNTFSが持つファイル暗号化機能を利用するので、消去(コマンド)実行時SDカードのファイルシステムがNTFSである必要がある
  2. “/W” オプションによりSDカード空き領域のデータを削除する為、NTFSの状態でファイルやフォルダを削除しておく必要がある

上記により今回は初めにNTFSフォーマットを行い、コマンド実行後元のファイルシステムに戻します。

 

消去手順

①SDカード元データ消去
SDカードをパソコンに差し込みSDカード内元データを全て削除します

 

②テストツールで動作検証
そしてテストツール(H2testw)を実行。テストツールデータで全て埋まる為、テストを行いつつ別データで元データの上書きができます。

H2testw:ストレージ全体にランダムなデータを書き込み、書き込んだデータが正しく読み込めるかどうかを検証するテストツール

 

③SDカードをフォーマット
NTFSでクイックフォーマットを行う

 

④Cipherコマンド実行
画面左下の検索バーで”cmd”と入力するとコマンドプロンプトが出てくるので、管理者でコマンドプロンプトを起動

cipher /w:[ドライブ名]

今回SDドライブが”d”なので、”cipher /w:d:”を実行

(時間目安:256MB→5分程、1GB:9分程、2GB:18分程、4GB:23分程、16GB:56分程、1TB(HDD):12時間程、1.5TB(HDD):15時間程)

余談:”cipher /?”を実行するとオプション内容一覧が現れる

 

⑤SDカードをフォーマット
元のファイルシステムにて再(クイック)フォーマットを行う

 

⑥復元ツールRecuvaを実行
ファイル等の復元ができないことを確認(一つでは不十分かも知れません)

 

参考資料

Windows標準コマンド「cipher」で本当にデータが消去できるのか検証してみた - ソフトアンテナブログ
Windows標準機能でHDDのデータを完全消去する方法 | Tipstour
WindowsのCipherコマンドを使ってディスクのデータを完全消去する方法について。 実際の実行画面や所要時間などを交えてまとめました。
【Tips】Windows標準コマンド「cipher」でHDDを徹底消去する方法 - ソフトアンテナブログ
SDカード/microSDカード-ファイル&フォルダー完全削除(フリーソフト使わず完全消去) / KUNISAN.JPブログ
「SDカード/microSDカード-ファイル&フォルダー完全削除(フリーソフト使わず完全消去)」のブログ記事。
Windowsでディスクの内容を完全に消去する
ディスクを破棄したり、譲渡したりする場合には、あらかじめディスクの内容を消去しておかないと情報が漏えいする危険性がある。ファイルをごみ箱に捨てても、インデックスが削除されるだけで、データ本体を消去するわけではない。そのためファイルを復活させることもできる。データを完全に消去するためには、ディスク全体に渡ってデータを完全...

 

感想

一応消去が完了した。

しかし実感がわかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました