ボタン電池の末尾の[SW]と[W]の違いについて

電化製品

経緯

腕時計が止まった際これまで数千円かけて時計専門店に出して電池交換をしてもらっていたがコロナ禍の中自分で行う事にした。SEIKOワイアードの電池交換をする為にググったところSR927SWが使われている事を知る。電池購入について調べているとどうもSR927,SR927W,SR927SWと3種類ある事に気付いた。似たような品なのでどれでもよさそうな解答が多かったのですが違いを知り極力安い品を購入したいので調べる事にした。

ボタン電池の構造図

Maxellカタログ抜粋

水色部が電解液となる

無印・W・SWの違い

PanasonicHPのよくある質問の回答を参照する⇩

SR〇〇〇SWとSR〇〇〇Wなどの[SW]と[W]の違い PZ18201
https://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/18201/~/sr%E3%80%87%E3%80%87%E3%80%87sw%E3%81%A8sr%E3%80%87%E3%80%87%E3%80%87w%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%5Bsw%5D%E3%81%A8%5Bw%5D%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84-pz18201

これによると

表記 電解液 使用量
なし 水酸化カリウム水溶液 一般機器用
W 水酸化カリウム水溶液 デジタル時計用
SW 水酸化ナトリウム水溶液 アナログ針式時計用

 

無印と”W”は電解液が同様で同等品

電解液が同様

無印=”W”

と言える。HP内でPanasonicは互換品と言っています。その電池の主流が一般機器であれば”無印”、主流が時計であればSW”と区別する為に”W”と付けている感じがします。

電力供給量は”W”>”SW”

「デジタル時計に”SW”を使うと供給電力不足になる場合がある」(PanasonicHP)という事から

電力供給量:”W”>”SW”

と言える。

そして多めに電力供給される事から「アナログ時計に”W”を使うと短寿命になる場合がある」(PanasonicHP)という事から

寿命:”W”<”SW”

と言える。

考察

アナログ時計が全盛だった頃に低電力長寿命用として”SW”が利用されるようになったがその後デジタル時計が現れ、アラームが付いたりバックパネルが光るようになり結局一般機器用の電池を使用する必要が出てきたのだと推測される。ということから腕時計は基本的には”SW”で良いと思われる。

しかしながら現在の電解液は技術が進歩していて差異はないのかも知れない。それが結局どちらも似たような品との見解に繋がっていると思われる。

 

”W”か”SW”の選定

まずは各腕時計の仕様書の使用電池の記載の確認が第一となる。次に裏蓋を開けて同様の電池を購入する。確認できない場合は基本”SW”とし、ライト・アラームのような別途電力を必要とする機能の有無によって”W”を選択肢に入れればよいかと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました