SDカード・SSD・HDD動作検証&データ消去

PC

目的

個人情報漏洩を防ぐ為にSDカード・SSD・HDDの動作検証とデータ消去を行う

 

使用ツール

動作検証:H2testw

ストレージ全体にランダムなデータを書き込み、書き込んだデータが正しく読み込めるかどうかを検証するテストツール

 

データ消去:Cipherコマンド

Windows10標準コマンドであるCipherコマンド“/W” オプションを利用し記憶媒体の空き領域のデータを上書きにより削除します。

Cipherコマンド
Windows10標準コマンドであるは、暗号化ファイルシステム (EFS) を使用して暗号化されたデータを管理するためのコマンド
“/W” オプション
利用可能な未使用のディスク領域のデータを削除します。削除方式はオール0 / オール1 / ランダムの順でデータを計3回上書きする方式となります。複数回上書きする目的は残留磁気などの影響を無くす為です。
EFS
Windowsの標準ファイルシステムの一つであるNTFSが持つファイル暗号化機能。

 

Microsoft サポート
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/298009/cipher-exe-security-tool-for-the-encrypting-file-system

 

動作検証手順

1⃣データ削除

記憶媒体をパソコンに差し込み全てのデータを削除する

 

2⃣H2testwを実行(動作検証作業)

「H2testw」をダウンロードし
①Englishを選択
②Select targetでドライブを選択
③Write + Verifyを実行

ドライブが完全に空でない場合以下の警告が表示されるが消せる限り消しているのでOKを押す

テストが開始される

テスト結果
Test finished without errors.→エラー無し
平均書込速度56.7MB/s
平均読込速度70.1MB/s

 

データ消去手順

1⃣フォーマット

NTFSでクイックフォーマットを行う

NTFSにする理由
NTFSが持つファイル暗号化機能によりデータ消去する為
クイックフォーマットする理由
Cipherコマンドの”/W” オプションは空き領域のデータ消去をする為

 

2⃣Cipherコマンド実行(消去作業)

画面左下の検索バーで”cmd”と入力するとコマンドプロンプトが出てくるので、管理者でコマンドプロンプトを起動

cipher /w:[ドライブ名]

今回はドライブが”d”なので、”cipher /w:d:”を実行

時間目安(実績)
256MB→5分
1GB:9分
2GB:18分
4GB:23分
16GB:56分
1TB(HDD):12時間
1.5TB(HDD):15時間
400GB分(M.2SSD512GB:Cドライブ):100分(2020/12実施)

余談:オプション内容一覧確認方法
”cipher /?”を実行する

 

参考資料

Windows標準コマンド「cipher」で本当にデータが消去できるのか検証してみた - ソフトアンテナブログ
Windows標準機能でHDDのデータを完全消去する方法
フリーソフトを使わず、Windowsの機能だけでデータを完全消去してみる。   かつて自宅のメインPC用に外付けハードディスクを購入しては更に容量の大きなハードディスクを購入したりしたものですが、流石
【Tips】Windows標準コマンド「cipher」でHDDを徹底消去する方法 - ソフトアンテナブログ
SDカード/microSDカード-ファイル&フォルダー完全削除(フリーソフト使わず完全消去) / KUNISAN.JPブログ
「SDカード/microSDカード-ファイル&フォルダー完全削除(フリーソフト使わず完全消去)」のブログ記事。
Windowsでディスクの内容を完全に消去する
ディスクを破棄したり、譲渡したりする場合には、あらかじめディスクの内容を消去しておかないと情報が漏えいする危険性がある。ファイルをごみ箱に捨てても、インデックスが削除されるだけで、データ本体を消去するわけではない。そのためファイルを復活させることもできる。データを完全に消去するためには、ディスク全体に渡ってデータを完全...

 

感想

一応消去が完了した。

しかし実感がわかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました